職人の独り言ですが、是非覗いてみてください。

高台の家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんばんは。

本日は下関市にて庭工事です。

朝一番、山口市まで4トントラックで砂利を山盛り取りに行きまして、

古巣の坂本造園さんに少しお邪魔してw

午後からは防草シートと砂利敷きです。

 

本日の工事で最大の難関はお宅が高台の上にあるということです。

玄関に行くまでに長い階段があり、重機はおろか一輪車すら上がりません。

また目の前が道路でクレーンも止められません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この階段が曲者です。

 

工事開始当初は5,6人でバケツリレーというなんとも楽しそうな企画案もありましたが、

考える葦である我々は文明の利器を使うこととしました。

 

 

 

↓文明の利器 ウインチです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鋼管で支柱を作って電力で引き揚げます。

 

↓防草シートを敷き終わったら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓早速ウインチ君の出番です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓下にワイヤーをおろして、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓砂利を袋いっぱいに詰めたら準備完了!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓後はボタンをポチッとな!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

袋に入れては上げ、入れては上げ、

↓夕方、どうにか砂利を入れ込みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かくして我々は地獄のバケツリレーを免れたのでした。

めでたしめでたし!

 

■おまけ

フジの環状剥皮

 

先日、剪定したフジの続きです。

今年は花が咲かなかったということで、

フジに環状剥皮を行いました。

 

環状剥皮とは、、、

木の根の発達を促すため、発根させる部分の表皮を切り取る行為です。

木の移植をする前に細根(水を吸う根)の発達を促進させるために用いられた方法です。

表皮を削られることで木の生存本能?が刺激され、生き延びようと発根させるのですが、

方法を誤ると枯れてしまう可能性もあります。

 

また、繁殖方法の1つでもあり、取り木をする時にも使います。

 

取り木とは、、、

増やしたい植物の幹や枝の一部の表皮を切り取って、そこから発根させて新しい株元を作り、

十分に発根したら根の下を切って、新たに植え付る繁殖方法です。

 

と、前置きが長くなりましたがフジの環状剥皮です。

↓根に近い部分の幹に形成層に達するまで表皮を切り取ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓切り取ったら病虫害や乾燥を防ぐため、養生をして完了です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

来年が楽しみです。

 

ではでは本日はこのへんで。

 

関連記事一覧

  1. IMG_6321
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. IMG_4465
  5. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Count per Day

    PAGE TOP